龍泉寺地蔵堂

概要

 開山は仁徳天皇82代後鳥羽上皇の第3皇子寒巌禅師(永平寺第4祖)と伝えられ、本寺格の名刹であったといわれています。3度の大火にあっておりますが、御本尊(釈迦如来)・地蔵菩薩・十一面観音像は火難を逃れています。特に、地蔵菩薩坐像は桧材により一木彫成像で、平安末期作で全国でも珍しい巨像であります。火伏せ地蔵として尊信が厚く、旧暦1月24日の例祭には参詣者が後を絶ちません。

アクセス・料金

バスセンタ-から小型タクシ-で 10分  約 1,900円

Copyright© Takachiho Kohtsu Taxi co,.ltd. All right reserved.